読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな人生を送りたいか。そのために、何をすべきか。

前に社会人の方に飲みに連れて行っていただいた時に、この様な質問をされことがある。

「30歳、40歳、50歳とか、歳を取った時に、どんな風になっていたいと思ってるの?」

と。

その時に僕は、その問いに対して何となくのイメージを持ってでしか答える事が出来なかった。そして、それは今もあまり変わっていない気がする。

自分がイメージ出来たことと言えば、 [まずはああいう仕事をしていたい。経験を積んで自立出来れば良いな。自分が夢と言えるものを見つけて、自立して、その夢の実現のために、一生懸命になれればいいな。そして、ドロップアウトした後は、余生を静かに過ごすのも良いし、次の世代のために、何か出来る事があれば良いな。] と、そんな感じの答えだっただろうか。

 

この、将来どうなっていたいか、どんな風に生きていたいかを具体的にイメージ出来ていないのは、良くないと思っている。

将来のイメージが無いというのは、目標がないと言う事にも近い気がするからだ。そして、その目標がないということは、今、何に対して頑張れば良いのかが分からず、何をどう学んでいけば良いのかの逆算が出来ないということだろうと思う。

 

今の世の中で、将来のイメージを持つ事が難しいのではないかという考えは、前にも書いた様な気がするが、例えそうだとしても、逆算が出来ないというのは問題だろうから、自分はこうなっていたいと出来るだけ具体的に考えておくというのは大切だろう。どんな風になっていたいかが無いのなら、どんな事を成し遂げたいか、とか、夢とかを考えればいいのかも知れない。

 

そうやって逆算して考えて、「今」やらなければならない事をしている人たちは、「今」をただ過ごしているだけ、ただ楽しくやっていれば良いやっていう刹那派の人たちよりも、ひょっとしたら将来より良い人生を送れるのかも知れない。

ただ「今」を楽しく過ごしてきただけ人は、「今」を努力し、積み重ねてきた人には敵わないだろうと思うからだ。

 

じゃあそれは、「今」を楽しまずにひたすら未来だけを見続けて、楽しみのない人生を送るのかと言われるとそれは違う。「今」やらないといけないことをし、そして自分が楽しむ時間を作れば良いだけのことだけだろう。

将来像から逆算し、やらないといけないことをすると言うのは、将来の自分に対して投資するようなものであると思う。

投資は、成功する確率もあれば、失敗する確率もある。人生も同じ様なものだろう。

 

 

自分も含め、今、楽しく遊んでいる人たち。

どんな人生を送りたいでしょうか?

自分の将来をどのようにイメージしていますか?

最初の質問に、あなたならどのように答えますか?

 

そのイメージから何をしなければならないかを考え、逆算して、今日から行動を変えていけば、あなたの将来は、そのイメージに少し近づくかもしれない。