読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんで本読まないといけないんですか?

この前、僕が関わっている講座の受講生・マーギャル(仮名)と話をしていて、こんな質問をされました。

マーギャル「なんで本って読まないといけないんですか?」

は!?Σ(・□・;)

こいつはなんて事を聞いてくるんや!?なんて思いつつ、一応丁寧にそれに答えようとしました。

が、わたくし、いっつも偉そうな事をブログに書いてる割に、なんもええ事言えませんでした…

情けないね〜 ・゚・(ノД`)・゚・

 

という事で、その後わたくしなりに、なんで本を読むんやって事を考えてみた訳ですね。

やからあの時答えられへんかった分、ここに考えた事書いときます。読む本の種類によって色々理由もありますが。

 

なんで〜と聞かれたら、知識を増やすためでしょうか。本を読んだら、その事を自分の知識として得られる。全部吸収出来んかっても、なんぼかは自分の物になるし、後々読み返したら、より定着するし。

なんで知識増やさなあかんねんって言われたら、知識は多い方が色んな人と話す事が出来るからええやんとか、色々あるけど、もうそこは自分で考えてもらおうか。

 

次は、想像力を養う事でしょうか。文章で言われている状況をイメージすることが出来るってのは重要やと思うし、小説とかなら自分でキャラとか意味の分からん生物とかイメージして、想像力を養うってのは、将来的にどっかで役にたつもんやと思ってます。

 

あとは、読書を通してコミュニケーション能力を上げるとか、色々な国、時代の著者の文章と触れ合う事で、感性を磨くとか、価値観の違いを受け入れるとか、時代の変化を感じるとかもあると思います。

 

と、こんな感じで書いてきましたが、なんか結局スキルアップの為に読んでるみたいになってしまいましたね…

 

でもね、やっぱりそういうスキルアップの部分もあるんですけど、一番は読書を楽しむことやと思います。本を読んでる時間って結構贅沢な時間やと思うし、読書に集中してるときってその本の世界に入り込んでる様な気分になったり出来るし。

 

やから、マーギャルさん。あなたの趣味の1つとして、本を読めばええと思います。

今は本を読む事自体になれてないから、なかなか楽しむのは難しいかも知れんけど、そのうち楽しめるようになって、ええことあると思いまっせb

 

最近また書くのさぼってたんで、とりあえずなんか書かなあかんなって思って、こんな感じで書かせてもらいました。