読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎と都会の狭間で

いきなりだが、僕はとある田舎の長男で一人っ子だ

 

これは結構な悩みの種で、実家は兼業農家というやつで田んぼも畑も持っている

 

一人っ子ということはおいおい恐らくこの田畑を任されるのだろうが、今のところ農家になるつもりはないし、兼業でもやるつもりはない

 

しかし、おいそれと先祖代々(ってほど由緒のある家系でもないのだが)引き継いで来た、まあ言わば財産を放棄してしまっていいのかというと、そういう訳にもいかんよなと考えてしまうのである

 

なので最近は、どうやったら二足のわらじで行けるのかとか、そもそも自分がほとんど関与せず維持して行けるシステムはないものかと考えたりするのだが、この世の中そんなに美味しい話はないし、今まで社会に出たことも無ければ、農家として生きてきたこともないので、全然方法なんて考えついてないのだけども、いくつかこんなのどうだろうってアイデア(というには恥ずかしいものだが)がある

 

こんなところにでも書いておけば、思いも寄らぬアドバイスがもらえるんじゃ無かろうかと思って書こうと思う

 

1つは、ベタなのは田畑を他人に貸してしまうことだろうけども、農業体験ツアーとかなんとかいって企画して定期的に人に来てもらうことは可能かな?とか考えてみた

 

まあ、これは正直言って無いと思う

 

それが出来るなら世の中の休耕田はもう少し活用されているだろうし

 

仮に出来るとしたら、それこそ付加価値が必要でTOKIOが村をやってるのでそれを手伝いに、とか、AeLL. が村やってますのでお手伝いに来ます、ってやつがいるだろう

なんか例がアイドル×農業ってのばかりになってしまったが…

 

他は、太陽光パネルの設置で自然の状態に限りなく近い植物工場みたいなのをやってみるとか?(これは多分農地と登録されている土地を他の物に使うとなると手続きとかがややこしいからちょっとハードルが高いはず.農地転用ってのは難しいと聞く)

 

あとは、もう腹をくくって兼業農家でもやるか…(これはもうソリューションとして頭を使ってなさ過ぎてなんかいやだ)

いや、今のところ極力農家にはなりたくないのだ

 

とまあ、田舎の一人っ子ってのはこんな悩みを抱えているのですが、今回の投稿は本当にただの愚痴に近い物になってしまったので、 これくらいにしとこうと思うけど、実際問題こういう悩みを抱えている若者ってのは多いと思うので、今後もちょいちょい考えて行こうと思う

 

多分、こういうことを考えていかんと日本の農地って本当に放ったらかされてダメになってまうやろうし、良いことなんてなさそうだと思うのだ

 

ってことで、もし農家とか農地をどうにかしたいって意識のある方がいらっしゃれば、是非コメントをいただけると嬉しいなってことで、今日は終わります