読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「チャンスのアンテナ」と「ギブ&テイク」

お久しぶりです。かなりの期間、書く事をさぼってました。

で、久しぶりに書こうと思ったら、このタイトルですよ。

なんか、「チャンスのアンテナ」とか、広瀬香美の歌にありそうやし(笑)

毎度、センスの無さを感じさせるタイトルですねー。

 

ではでは、最近改めて感じた事を書きます。

まず、チャンスのアンテナとはどういう事かということ。これは、自分に回ってきたチャンス(多分多くの場合チャンスなんて思わない内容で来るのだと思います。むしろリスクばかりが目についてしまうかも。)に、如何に気付く事が出来るかどうか、それの感度を良くしておきましょうって感じでしょうか。

 

人生の中で、人には何度かチャンスが巡ってくると思うのですが、このチャンスに気付けるか否かはとても大きいと思います。その機会を逃してしまうと、そのチャンスを活かした時に出来る経験が、いずれ出来るかどうかなんて分からない。そのように考えると、目の前に転がってきたチャンスに如何に敏感に反応して受け止められるか、その時の自分のキャパでどれだけ活用出来るか、という事はとても重要になると思います。個人的には、多少無理してでも、そのチャンスから得られるものが多いなら、そのリスクを負ってでもそのチャンスを手放してはいけないと思います。

 

ちなみに、人には何度かチャンスが巡ってくると上で述べましたが、それはそれなりの努力をしている人に巡ってくるという意味で、何もしていないやつの所にチャンスは巡ってこないと考えています。だって、誰もそんなやつにチャンスを与えたいと思わないでしょう?

 

 

次が、ギブ&テイクについて。

あなたが何かを得たいのなら、まずは相手にどのような価値を自分自身が提供出来るのかを考えるべきだと思っています。そして、自分が思っている以上にギブの割合は大きくないと、テイクってのは中々得られないんじゃないでしょうか。これは日常生活でも、ビジネスでも同じなんじゃないかなと思っていて、普段からあなたがどのような価値を提供出来るかで、そこから得られるものも違ってくるのではないでしょうか。あなたがどんな価値を人に提供出来るか。普段から考えておくとベターなのかなと思います。

 

逆の場合では、あなたが相手に何かしら価値を提供して貰った場合、あなたは今すぐそれに応えるだけの価値を提供出来なくても、例え時間がかかったとしても、その価値を提供してくださった人には、将来的にでもお返しをするべきだと私は考えています。それは、人と人の関係を大切にしたいのなら尚更だと思います。

 

最近、人脈作りと称して、とりあえず多くの人と繋がろうという人が多く居る様な気がしますが、ただただ知り合っただけの人ってのは、それは人脈では無いと思います。あなたがその人に対して、何か価値を提供して(提供出来る人として認知されて)初めてそれは、人脈になるんじゃないかと思います。他の要因も必要だと思いますが。SNSのおかげで、普段会えない人ともコミュニケーションが取れるなどの恩恵は得られているのかも知れませんが、その人たちが人脈となるかどうかは、また別の話だと思います。

 

 

 

チャンスが巡ってくるか否か、ギブ&テイクという話は、別々の事の様で、実は相関関係にあるのではないかとも思っています。まあ、上の文章では、分かりにくい事も多いと思いますが、そこは行間を読んで、自分で考えて下さい(笑)

 

さて、私やあなたはこれまでどれだけのチャンスを見逃してきたでしょうか。

今後、どれだけチャンスを無駄にせず生きていけるでしょうか。

私たちは、誰にどのような価値を提供出来るでしょうか。

簡単なことではないでしょうが、このような事を意識して生活してみませんか?