読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意思を言葉にすることの大切さ

はじめまして。とある平凡な理系大学生です。

しょーもない文章しかかけませんが、よろしくお願いします。

 

私が所属している学生団体みたいなものが主催する講座に来てくれた受講生がブログを書いてくれたので、私も触発されてブログを初めてみました。

 

その人は、そこで何を学んだか、何を感じたのかという自分の体験から得られた考えや感情などを言葉、文字にしてブログに書いて残してくれた。ただ自分の心の中に持っておくだけではなく、外に出すという行為で、これは大変な勇気が必要なことだと思う。

 

自分一人で考えることは誰でも出来るけど、それをちゃんと言葉にして、文字にして、他の人に伝えられる、そして後に残るものにするということは、とてもハードルの高いことだと思う。

自分の考えを文章にするというのはなかなか難しいと思う。そして、発言に責任を持てないと今の時代ブログなんてやっていけないと思うからだ。TwitterなどのSNSで無責任な発言をして炎上なんてのはよく聞くし、ITリテラシーなんて話題もよく聞くしね。

でも、ハードルが高いと同時に、とても重要なことであるとも思う。

頭の整理になる等のメリットだけじゃなくて、考えを人に伝え、広げることは大切だと思うし、その考えに同意する人も居れば、反論する人も居るだろうから、そういう人たちと関わることで、より多くの感性を身につけることが出来るだろうし、多角的に物事を見る機会にもなるんじゃないかとも思う。

 

だから、私も今回いい機会だと思ってブログを初めました。

 

私は駄文しか書けないけど、そんな文章でも何か人に感じてもらえる文章を書くことが出来ればいいと思うし、このブログによって読者が何かを考えるきっかけになればとも思う。

 

まあ、最初からそんなに自分でハードルを高くしても仕方が無いので、ブログってのに慣れるまでは、適当に思いついたことを書いていこうと思います笑